富岡鉄斎 祇園會図扇子 共箱 (82歳)

¥330,000

作家名
富岡鉄斎

作品名
祇園會図扇子 共箱 (82歳)
紙本水墨

サイズ
本紙 巾16.4×46㎝ 柄長28.8

 

略歴
富岡鉄斎とみおかてっさい 1836-1924)
幕末〜大正期の南画家。
京都に生まれ、幼少より国学・漢学・詩学を学び、
さらに文人としての教養を高めるため画も独学しました。
幕末期には勤王の志士らと盛んに交流し国事に奔走、
維新後は大和石上神社・和泉大鳥神社等の宮司を務めました。
のち宮司を辞して京都に定住、読書と書画の制作に専念。
孤高を貫いた最後の文人画家と呼ばれます。


本作は祇園祭の山鉾を描きつけた扇子です。
飄逸なタッチで描かれた山鉾に
曽呂利新左衛門が豊臣秀吉に奉った画を縮図する
と書き添えます。
曽呂利新左衛門が描いたと伝承される
長刀鉾の画を鉄斎が見、
それを写したものということがわかります。

 曽呂利新左衛門は豊臣秀吉のお伽衆。
堺で刀鞘作りを生業としていました。
腕前がたくみで、刀が「そろり」と
鞘におさまったことから曽呂利と称されたといいます。
和歌や茶の湯もよくしましたが、
とりわけ頓知のきいた話術にたけ、
秀吉のお伽衆として召し出されました。
軽妙洒脱、機知とユーモアに富んだ
数々のエピソードを残しています。


 「祇園会や せんぎ(僉議・詮議)まちまち引くの山」は、
祇園祭のクライマックス・山鉾巡行を見に集まった大勢の観衆が、
さまざまに趣向を凝らした山や鉾を見て、
この山はこうだ、あの鉾はああだと批評し合う様子を表した句でしょうか。
ここでは曽呂利新左衛門の句として賛されていますが、
小林一茶の句に
「ぎをん会やせんぎまちまちひく山ぞ」
というものがあり、
句の作者に関しては何らかの混同が生じているのかもしれません。

 なお、この扇子は
「書画皆宜扇 宮脇製」の透かしがあることから、
京都の老舗扇子店・宮脇賣扇庵製であることがわかります。


在庫残り1客

Related Works

関連作品

Recently Checked

最近チェックした作品