中里重利 斑唐津ぐい呑

¥27,500

作家名
中里重利

作品名
斑唐津ぐい呑

※一箇所、シミがあります

サイズ
巾6.3×高5.2cm 共箱

略歴
中里重利  <1930年(昭和5年)〜2005年(平成17年)>
1930年(昭和5年) 12代中里太郎右衛門(無庵)の三男として佐賀県唐津市に生まれる。
1944年(昭和19年) 12代中里太郎右衛門(無庵)に師事。
1956年(昭和31年) 現代日本陶芸展で松坂屋賞を受賞。
1964年(昭和39年) オリンピック協賛日展の入選作品が外務省に買い上げられ、在外公館に陳列される。
1965年(昭和40年) 日展で「三玄壷」が特選北斗賞を受賞。
1966年(昭和41年) 日展無鑑査となる。 日展の出品作品が外務省に買い上げられ、在外公館に陳列される。
1969年(昭和44年) 日本現代工芸美術展無鑑査となる。現代工芸美術家協会会員、日展委嘱となる。
1971年(昭和46年) 日本現代工芸美術展審査員に就任。
1973年(昭和48年) 唐津市神田山口に築窯して独立。
1975年(昭和50 )年 日本現代工芸美術展で会員賞と文部大臣賞を受賞。
1976年(昭和51年) 日展審査員に就任。窯名を三玄窯とする。
1980年(昭和55年) 日本新工芸展で会員賞と楠部賞を受賞。
1982年(昭和57年) 日展審査員に就任。
1985年(昭和60年) 佐賀県芸術文化功労賞を受賞。
1993年(平成5年) 佐賀県教育委員会より表彰を受ける。
1996年(平成8年) 県政功労賞を受賞。
2002年(平成14年) 地域文化功労者表彰(文部科学大臣表彰)を受ける。
2005年(平成17年) 85歳 逝去。

備考

こちらは、貫入にシミがございます。
経年による細かな擦れ等ある場合がございます。予めご了承下さい。
モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

在庫残り1客

Related Works

関連作品

Recently Checked

最近チェックした作品